行雲流水

世田谷で働く税理士のblog 知って得する税金と会計の話

クラウド会計ソフトfreeeフリー

© 行雲流水 All rights reserved.

HNCK8991

クラウドファンディングによる資金調達 その税金は?①

 

創業時や新規プロジェクトの資金調達として、金融機関からお金を借る以外の手段として注目されているのが「クラウドファンディング」になります。

 

CAMPFIRE」や「Makuake」といったクラウドファンディングのプラットフォームと呼ばれるサイトからインターネットを通じて多くの人に共感してもらい資金の支援を受けるというものです。

人気のプロジェクトやプロダクトになると3,000万を超える資金調達がされている模様。

目標金額に達しない場合には、支援者へ返金となります。

 

資金調達もさることながら、スタートする前にその事業がどのくらい人々に共感されているか・上手くいくかどうかの指標となるので、価格設定や商品設定など事業計画の是非を判断することができ失敗のリスクを下げることが出来るメリットもあります。

 

それでは、クラウドファンディングで資金調達をした場合の税金についてはどうなるのでしょうか?

これはクラウドファンディングにより支援した場合のリターンが何かにより分類が決まり、その後の税金も変わります。

以下でまとめていきたいと思います。

 

〜クラウドファンディングの3つの分類〜

 

クラウドファンデイングのリターンには以下の3つが想定されます。

①お金     ・・・ 儲けた利益の一部を支援者に配当します!

②物やサービス ・・・ 完成した物やサービスを提供します!

③何もなし   ・・・ なんもないです!支援ありがとう!

こんな感じでしょうか。

これらの3つに対応してクラウドファンディングは分類されます。

 

クラウドファンデイングの分類

①投資型

②購入型

③寄付型

 

①の投資型は最近少しづつ出てきてはいますがまだメジャーではないので、

今回は「CAMPFIRE」や「Makuake」に代表される②、③の購入型と寄付型のクラウドファンディングに関わる税金について、資金調達者だけでなく、支援者側についても触れながら見ていきましょう。

 

〜購入型のクラウドファンディング〜

 

ある資金調達者は素敵な製品を作るためにクラウドファンディングにより、資金の支援を募ります。

リターンは出来たその製品。支援者はその支援金額に応じ、製品を貰えます。

 

例えば、このような場合には、いわゆる購入型のクラウドファンディングに分類されます。

「実質的にお金の先払いなだけで製品の売買と変わらない。」というふうに税法上は解釈されます。

それでは、購入型と解釈された場合の税金はどうなるのでしょうか。

 

[資金調達者は?]

資金調達者は製品を販売した事と同様の処理となるので、クラウドファンディングにより頂いた資金は全て収入金額や売上として計上されます。

資金調達者が個人ならば所得税、法人ならば法人税の対象となります。

ただ、資金調達した金額にまるまる税金がかかるわけではなく、

リターンする製品の作成にかかった原価、人件費、プラットフォームに払う手数料、その他の経費など諸々を差し引いた後の利益に対して税金が課されます。

法人の場合は、毎期決算をしているので大丈夫だと思いますが、問題は個人の場合

上記のように経費を差し引いた後の利益が20万円を超えた場合には確定申告が必要となる可能性が高いです。

売上の計上時期も資金を貰った時点ではなく実際にリターンした時点となることに注意が必要です。

 

[支援者は?]

支援者が個人事業や法人でなく普通の個人である場合には、特になにもありません。

では、個人事業者や法人が購入型のクラウドファンディングの支援をした場合にはどうでしょうか。

この場合には、上記で説明したように「製品の購入」となるのでそれが事業に必要かどうかで判断される事となります。

必要な物であれば他の商品の購入同様、経費として費用計上しましょう。

 

[消費税は?]

購入型のクラウドファンディングの場合、通常の売買取引と同様となるので消費税の計算の対象となります。

とはいえ、課税事業者でなければ納税義務が免除されるので創業時の場合には問題とならないでしょう。

問題となるのは既に事業を行っている法人や個人が購入型のクラウドファンディングを行った場合です。

売上の一部に計上されるので今まで免税事業者だったものが消費税の課税事業者に該当する事になるといった可能性も想定されます。

既に課税事業者の場合には、資金調達者は忘れずに消費税の課税売上高に計上しましょう。

支援者も課税仕入に入れる事を忘れずに。

 

 


今回はクラウドファンディングの概要と分類、購入型の税金についてお話しさせて頂きました。

次回は、なかなか難解な寄付型のクラウドファンディングについてお話したいと思います。

 

気がついたら半年以上もブログ書いてなかったの内緒です^^;

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

130

20154/16

人気ライトノベル「まおゆう」作者が脱税で告発された――ペナルティはどうなる?

税理士ドットコムさんのほうで記事を書かせて頂きました。 よかったら見て下さい。 人気ライ…

bj02_jp-3011

201410/29

有料オンラインサロンの会費は経費になる?

有料会員制オンラインサロン、シナプスのようなものに加入した場合、 入会金や通常会費が税金の計算上、経費になるかどうかですが、、 …

bj03_jp-184 (1)

201410/24

年末調整ってなんだ?

「なんかよく分からんけど、資料書いたらお金返ってくるやつでしょ?」 ってな感じでしょうか。 まあ大体合ってま…

112

201412/21

ゴルフをする人はお金持ちだから課税?

税理士ドットコムさんへ寄稿した記事がUPされましたのでご紹介です。 よかったら見て下さい。 ゴルフは金持ちの娯楽…

ページ上部へ戻る